趣味が出会いの切っ掛けに!?新しい出会いを作る方法とは…?

Paloop News

新年を迎え、オリンピックイヤーの2020年に婚活を成功させたいと思っている人も多いのではないでしょうか。
今回はそんな婚活に悩む男女に向けて、趣味からの出会いは婚活に有効なのかどうかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも、趣味から出会いが生まれるのか

まず、趣味が出会いにつながるかどうかですが、これは趣味の内容と出会い方によるとしか言えません。ただ前提として、男女が集っているところに行かなければ出会いは生まれないので、そういう趣味からの出会いを探した方が良いでしょう。
しかし、今は男女で趣味が分かれるということもなく、ほとんどの趣味は男性も女性も熱中しています。そのため、趣味の内容というよりはどんなコミュニティーに属するかが大切です。
これまで男性的な趣味とされていたゲームやアニメなども好きな女性は増えていますし、逆に編み物や手芸なんかも好きで始めている男性は増えています。

ただ、趣味の場での出会い方の注意点、特に男性向けの注意点ですが、大学の(一部の)テニサーのように、みんな何となく出会いを期待して参加しているコミュニティー以外で、出会いを目的にしすぎることのないようにしましょう。ナンパ感が強く出すぎてしまうと、普通に男女共に嫌われてしまいます。
趣味を通して仲良くなる中で、お互い惹かれ合うものがある時、やっと攻めに転じるくらいが良いでしょう。
(そのため、既婚者しかいないコミュニティーや、年齢層が自分とかけ離れすぎているコミュニティーも出会いには向きません。)

趣味が一致した夫婦は幸せ、不幸せ?

ただ、そもそも論として趣味が一致することは重要なのかどうかという問題があります。
趣味が一致することのメリットは、まず出会いのきっかけになるし、初めは話題に困りづらいということです。好きなものについて語り合うと、人は自然にリラックスできるので、相手と親密な関係にはなりやすいでしょう。
(しかし、趣味が一致して楽しいからといって男女としての好意が深まるとは限らないので気を付けましょう。)
また、付き合ったり結婚したりした後にも、趣味を通して色々なことを一緒に楽しめるのは、幸せなことですね。

一方デメリットとしては、趣味の分野で意見が対立してしまうとそれが理由で喧嘩になってしまうかもしれません。お互いの趣味が全く別だとそんな喧嘩は起きづらいのですが、好きなスポーツが一緒で応援している選手やチームが異なると、そうした喧嘩になりやすいです。

趣味が違っても、尊重出来れば大丈夫

お互いの趣味がことなる2人がうまくやっていけるのかも見ていきましょう。残念ながら趣味が全く異なると、遊びを一緒に楽しめる幅は確かに狭まります。しかし、だからと言って全然ダメということはありません。
趣味が違ったってうまくいってるカップルや夫婦は多く、相手の趣味が全然わからなくても、お互いに尊重する姿勢が大切です。

例えば家事や育児の分担も成るべく平等になるようにし、お互いが趣味の時間を楽しめるような配慮は必要でしょう、ただそれと同時に、自分が首位に没頭しすぎて、相手をおろそかにしてしまわないようにも注意してください。

ワインを通じて出会いってあるの?

実はワインスクールに良い出会いが落ちている可能性が大いにあります。その点について説明をしていきたいと思います。

魅力ってなに??

  • 男女のスペックが高い可能性大
  • お洒落でセンスのいい男女が集まっている
  • ライバルが少ない

ワイン教室で出会えるメリットとして一番強いのが男女ともハイスペックである可能性が高いと言えることです。ワインってお金のかかる趣味に分類されます。またワインに興味を持つという事はワインを飲む機会が多かったり、会食や仕事で知識として持っていたほうがいい方も少なくありません。そういう方は比較的、裕福であったり余裕のある方が殆どである為、ハイスペックな方が多いと言えます。

実際にあるメディアでのアンケート2217名を対象に行ったものでは年収1000万円以上にはワイン好きが66%以上もいる事が分かったとの事です。この数字を見るとワイン好きにハイスペックの方が多くいる事が分かると思います。

またワインを飲みに行くとなるとある程度、敷居の高いレストランだったりお洒落なレストラン、ワインバー等のセンスが求められるお店が多くなります。そういうお店に行ける層だったり、知っている層となると男女共にそれなりのセンスが高い方が多いとも言えます。

ちなみに年齢層で言うとワインスクールに通う男性は年齢は30代以上の方が多いと言えます。また女性についてもちょっと年齢層が高く20代の女性は少ないと言えます。ただ20代や30代前半でワインスクールに通う女性は層が少ない分、スペックが高い可能性があります。

ワインスクールには男性も出会いはありますが、女性の方が良い出会いはある可能性あります。ハイスペックな男性と出会える可能性は少なからずあると思います。

出会いのきっかけワインスクールには本当にある?

実際にワインスクールに通っても出会いがあるのか?本当に出会えるのか不安ですよね?もしかしたらなかなか話しかけづらかったり、話す機会がないのかと思うかもしれません。実際には出会うきっかけは十分あります。

スクールで出会えるきっかけは?

  • ワインの話で盛り上がる
  • 試飲後にイベントや交流会がある
  • プライベートでワインを飲み行く口実がある

それでは説明をしていきたいと思います。

ワインの話で盛り上がる

間違いなく話題は目の前に沢山転がっています。ワインの話題でいろいろと話すことが出来るのです。

相手の方と話すきっかけは簡単に作れます。

例えば「どういうワイン好まれますか?」などとスムーズに会話をスタート出来ます。

異性から声を掛けやすい状況にあるのがワインスクールのメリットでもあります。

試飲後にイベントや交流会がある

基本的にワインスクールでは試飲会の後の参加者同士で交流が出来る場を設けてくれていたりします。

スクールからしても生徒同士で交流して仲良くなってもらうほうが、スクールに継続的に来てくれる可能性が高くなりますから、積極的にそのような場を設けてくれます。

ワインは飲んで楽しみ方がメインかと思いますが、飲むだけでなく飲んだ感想や自分の意見などを交換できることも一つの楽しみだと言えます。ワイン好きの語らう場なども用意されているスクールがあるので色々と話していると相手の方との距離感は自然と縮んでいくでしょう。

プライベートでワインを飲み行く口実がある

ちょっと考えて見てください。ワインの話題で盛り上がって「あのワインが美味しい」「今日飲んだワインが美味しかた…」などと会話をしていると「次回良かったらワイン飲みに行きませんか?」と会話を切り出しやすいと思いませんか?

どうしても他のスクールだと飲みに行くとなるとある程度関係値が上がらないと誘いずらいかと思いますが、ワインスクールであれば飲みにく食事にいくというのは比較的ハードルが低いと言えます。

ワインスクールは出会える可能性があり!

どうでしたでしょうか?ワインスクールではハイスペックな方との出会いが落ちている可能性が高いと言えます。是非ワインが好き、出会いを求めてる方はワインスクールに通ってみては!まずは行動に移してみると良いと思います。

カメラという趣味を通じて出会える方法は?

カメラを通じて出会える方法は色々あります。オンライン、オフラインともあるので

ひとつづつ紹介させて頂きます。

最近流行りのSNSに自分の写真を投稿する!

SNSに自撮り写真などをアップすることで出会いに繋がります。

男女共に出会える可能性はあります。特に女性の場合はDMが来るなど相手の男性から連絡来る可能性は高いと言えます。

Instagramは写真をアップするにはSNSとして優秀ですが、TwitterなどのSNSでも十分出会えます。

不特定多数に見てもらえるSNSにフォーカスしてアップしていきましょう。

また自撮り写真に限らず良いなと思う写真や相手が興味をもつ写真をアップしていけばそれも出会いに繋がります。

カメラ教室に通ってみる!

スクールは比較的に出会える可能性が高い場になっています。

東京や大阪などの都市圏では、初心者向けからプロカメラマン養成コースなど幅広い層に向けたカメラ教室が多くあります。

カメラ教室にも色々なレベル、種類の教室がありますのでご自身でどういう教室が良いか調べてみると良いです。

社会人サークルに参加してみる!

写真好きの集まるサークルも多く存在しています。そういうところへ参加することで出会いに繋がる可能性があります。

社会人サークルは、イベント形式で特定のテーマの撮影会を行うことが一般的です。

サークルによって人数や活動内容などは異なりますが、多くのサークルでは参加に条件などはなく、

参加申し込みをすることで参加できる形になっているものが多くあります。

比較的に参加する敷居は低く自由が利くサークルが多いです。

旅行へいって撮影しよう!

撮影に行った先で出会う…スポットに行って撮影をしていると写真撮影に来た方と意気投合する事もあります。

カメラを趣味としていると、特定のロケーションがカメラ好きな人のあいだで有名であることに気付きます。

そのような場には同じ目的の方が来ており会話にもつながりやすいと言えます。

出会いの場がある街コンや婚活に参加!

Two girls laughing watching media content on line in their smart phones sitting on a sofa in the living room at home

カメラの趣味をメインとしたイベントが開催されています。

そういうイベントでは撮影をメインに行いながら食事や交流の場が設けられている為、

イベントに参加してご飯を食べお酒を飲んで話をするだけでなく、写真を撮影してそれについて語ることが出来る。

間違いなくお互いのカメラという趣味を通じて盛り上がる事が出来ます。

共通の趣味にカメラがあると距離を縮めやすい!?

色々な趣味があるかと思いますが趣味は出会いの宝庫です。

カメラは共通の話題としても盛り上がりやすく打ち解けやすい趣味と言えます。

自然とデートのお誘いが可能!

男女共に手の出しやすい趣味なためスタートするにはハードルが低いと言えます。

その為、一人で散歩しながらちょっと出かけて等と…一人で楽しむ方も多くいる趣味です。

誰かと一緒に写真を撮りに行きたいと思う方も少なくないです。

だからこそ「たまには誰かと一緒に撮影に行きたいんだけど、一緒にどうかな」などと気軽に誘うことができます。

話す話題に困らない!

簡単に始められる趣味のカメラですが、プロのカメラマンがいるくらいですから奥の深い趣味と言えます。

撮影の場所、取り方、被写体など話すネタについてはいくらでも引き出すことができます。

まだサークル、教室に行ったことがなければ、一緒に教室やサークルへ参加したりすることでより親密になれたりもします。

次の約束を取りやすい

男女共カメラを趣味としている以上、いろいろな被写体を求めていることには間違いありません。

その為、共通の撮りたい被写体についての話題になれば二人で写真を撮りに行く約束は取りやすいと言えます。

たとえばイルミネーションや街中に撮影にいったなら「ちょっと人工的な物じゃなくて、冬の川をとりにいかない? 」とかちょっとしたデートを兼ねての約束も取り付けやすいです。

二人で趣味を楽しみながらデートをしちゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました