【男性偏】飲み会で人気の職業とは?男女別ランキングを確認!!

Paloop News

やはり飲み会に行くと参加メンバーの職業って気になるかと思います。相手のイメージも職業によって変わったりする事もあるかと思います。今回はそんな飲み会にも重要な要素となる職業について人気職業をランキング形式にてお伝えさせて頂きます。

今回は男性偏になります。男性の職業って印象にもつながる重要な部分かと思います。女性には職業によって少なからず男性を選ばれる方もいらっしゃると思います。

余談ではありますが一般女性から男性の職業がどうみられているのかをご紹介させて頂きます。ランキングを見る前に参考にしてください。

職業によって色が出ているのがこちらを見て頂くとわかるかと思います。こちらの図を見ながらランキングを想像して見てください。

それでは第五位からお伝えさせていただきたいと思います。

第5位 大手企業の会社員

大手企業の会社員は結構ランキングが高いと思いきや…5位です。

ただ大手企業は安定的であり、将来的にも安心できることもありランクインしています。5位とは言えど高い総合的な職業を考えると高い順位と言えるでしょう。

ただ最近の経済状況が目まぐるしく変化しているので、大手企業でも安心が出来なくなっているのは一つあるかと思います。昔はもうちょっとランキングが高かったです。

ちなみに大手企業にもよりますが、日本のトップ10に入る企業などは大体20代後半で年収1000万円行く層も少なくありません。

20代で年収1000万円と聞くと凄いと思う方も多いのではないでしょうか?

現実はサラリーマンの平均年収は約440万円と言われています。基本的に出会うのは大手企業のサラリーマンで無いことが多いのではないでしょうか?

実際は大手企業に勤めているサラリーマンと出会う確率も低いと言っても過言ではありません。その為、出会えたらラッキーかもしれないですね!?

第4位 経営者

自分の力で経営をして道を切り開いている人へのイメージは好印象と捉えられています。不安定ではありますが、高収入である方も多く人の上に立って日々仕事をしている為、その人間性に惹かれる女性も多いのではないでしょうか?

経営者もピンキリですが、成功や軌道に乗った会社を経営している場合、サラリーマンと比較すると給料の額が全く異なります。売上ベースで言うと数百万や数千万の法人はざらにあります。

もちろん給料になると受取額は利益ベースにはなりますが、金額は桁が違ってくると言えます。この件に関しては間違いなく経営規模によるので一概には言えないですが、六本木、銀座などにいる経営者は間違いなく稼いでいる方が多いと言えます。

第3位 弁護士

弁護士になるにはそれなりのハードルがあり、相当な努力をしないと弁護士にはなれない為、努力家で頼れるイメージが強いです。弁護士というだけでエリートな感じはあるかと思います。

実際に弁護士もやとわれである場合、大手企業のサラリーマンとさほど変わらないものと考えて頂いてもいいかもしれません。独立して事務所を抱えるとまた給料の額は変わってきます。これについては経営者と同じかもしれません。

最近は弁護士も厳しい世界になってきているので、昔のように給料が高いと言うイメージも少しづつ失われてきてはいます。

ただ時給換算では間違いなく上位に君臨していることも間違いありません。人気の理由はまだまだ健在だと言えるでしょう。

第2位 医師

医療は今後もなくならない仕事でもあり、安定、高収入、優秀と三拍子そろった職業であります。医者と名がつくと女性はえ??お医者さんなんですか??と…ときめく方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?女性がお近づきになりたいと思う職業となっています。

医師もやとわれの身だとどうしても給料が桁外れに高くはならないのが現状です。開業をして自分でクリニックの経営をする事でお給料は跳ね上がります。

勤務医である内はサラリーマン等に比べると桁は違うものの開業医から比べると目おとりしてしまうのが現状ではあります。

第1位 公務員

この1位は最近では不動と言わざるおえないかもしれません。やはり国の仕事に就くことは間違いなく安定ですし、給料も会社員の平均を上回っており福利厚生も申し分ないです。やはり安定は女性にとって生涯の相手を選ぶには重要な要素になっているかと思います。

公務員であれば間違いなく心配はないでしょう。職種にもよる部分はありますが、福利厚生などもずば抜けて良いです。現在は老後の心配をする人が多くなっているかと思いますが、共済年金が公務員にあるのも大きいポイントになります。老後への安心感も高いのも人気の一つかもしれません。

まとめ

いかでしたでしょうか?男性の職業ランキングを見ていただくと大体想像の付く範囲内ではあったかと思います。女性は安定志向であるということが一つの判断要素になっているという事です。ただ実際は職業で人を判断するのではなくその人自身を見て判断する事かと思います。職業はあくまでも参考にしていただく程度にして頂ければと思います。

タイトルとURLをコピーしました