オンライン飲み会でお勧めアプリ~5選を徹底比較~

Paloop News

オンライン飲み会も流行りに落ち着きが見えてきましたが、まだまだトレンドでもあるオンライン飲み会!

ここ数ヶ月で色々なサービスが生まれてきており、どのアプリが良いのかも良く分からない方も多くいらっしゃるかと思います。

多くあるアプリの中でもお勧めのアプリを徹底比較させて頂きました。オンライン飲み会を開催する際には是非とも参考にして頂きたいと思います。

スポンサーリンク

オンライン飲み会オススメ~アプリ5選~

オンライン飲み会の開催内容によってお勧めのアプリは変わってきます。例えば人数、知人なのか等色々な条件下で開催すると思いますので、その際の参考として頂ければと思います。

1.LINE

メリットーポイント

・普段から使用してる人が多く使いやすい。

・エフェクトが充実している為、綺麗に映す事が可能

・最大人数も200人と大勢で可能

 

デメリットーポイント

・ビデオ通話だと表示されるのが4名(PCだと16名)

・LINEのアカウントを共有する必要がある

・参加人数が5人以上、回線が重いと映像が粗い+映像が止まる

あまり大人数だとLINEでのオンライン飲み会はお勧めできません。出来る事ならば少人数が向いています。

また知らない人とやる場合はLINEのIDを教える可能性が出てくることも一つデメリットといえます。

ただ多くの方がLINEの活用をしている為、飲み会の開催は比較的簡単だと言えます。

2.Zoom

メリットーポイント

・通信が安定しており、音質や画質が良い

・背景の変更が出来る為、お家でも室内を見せずに飲み会が出来る

・ホワイトボード機能を使えば色々なゲームを楽しめる

 

デメリットーポイント

・毎回ログインIDなどの発行が必要、主催者は登録が必要

・無料版の使用では3名以上の場合40分の制限が発生

・主催者の承認が無いと入室出来ないので使い勝手が悪い

基本的に会議用のアプリである為、回線や映像については申し分ないです。

そして大人数でも回線の速度はや映像に影響があまりないのも嬉しいところ!

ただ40分で切れてしまったりする為、無料の場合は少し面倒です。

参加者に有料会員がいれば時間制限はなくなるのでその方をホストにすると解決します。

また色々な機能も実は充実しています。

・ランダムに参加者を振り分ける機能

・美肌効果をもたらす機能

・追加機能でマスクなども

と色々な拡張機能もあったりします。会議のみならず有効活用ができるのがZoomです。

3.たくのむ

メリットーポイント

・ウェブサービスだからアプリのダウンロード等の必要がない

・URLを生成して、それを伝えるだけで飲み会が開催可能

・タイマー機能で飲み会の時間指定が出来る

 

デメリットーポイント

・回線が細いせいかラグが酷い場合がある

・画質や音質はあまりよくない

・12人までは参加が可能(人数制限あり)

まだサービスとしては出来たばかりでもあり、あまり良い機能が充実はしていません。

ただ無料で簡単に使用が出来る等の使い勝手がいい部分がメリットになります。

ちょっと軽く飲むかーじゃーたくのむでって時には向いています。

大人数とかでの飲み会は難しい為、仲間内で気軽にと言う時や

少人数で軽く飲むかー!って時にはオススメのアプリです。

4.Discord

メリットーポイント

・アプリ自体の利用者が少なくて通信環境が良い

・アプリが軽い為、通信量が安い

・専用ツールでBGMを変える機能などもある

 

デメリットーポイント

・ボイスチャンネルやサーバーの設定が必要なためスタートに準備が必要

・設定が分かりずらく、PC初心者には少しハードが高い

・利用者が少ない為、アプリダウンロードは必要になる可能性あり

通信環境が良いのと通信料が負担となりがちなオンライン飲み会ではDiscordを使うメリットは大いにあると言えます。

ちょっと使い慣れるまでは設定などが面倒と感じる場合があります。

あまりPCが得意でない場合や友達がアプリを持っていない場合は使うチャンスが少ないかもしれないです。

ただ通信料の負担が大きいオンライン飲み会では一つ知っとく事をお勧めします!

オンライン飲み会の通信料が気になる方はこちらを参照☆

オンライン飲み会での通信料は!?~速度制限を気にしない為に~

5.Houseparty

メリットーポイント

・入室前に誰が話しているのか確認可能

・トークルームをタップするだけで参加が可能

・スワイプするだけで別の部屋への移動が簡単

 

デメリットーポイント

・アカウントの作成とアプリをインストール必要あり

・チャット機能は全体へ送れない

・日本語対応をしていない為、全てが英語表記

Housepartyはログインすると他の人に通知が届きます。

いつでも暇なときにログインして入っている人と飲み会をしたり、友達に通知が行って飲み会に参加したりなどが出来ます。

なので定期的に飲み会を行っているメンバーやコミュニティーで活用して誰でも参加できる形をとるのは一つの方法だと言えます。

Housepartyでは開催という概念に囚われることなく飲み会を楽しみたいメンバーで活用するのがオススメといます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?色々なツールがある中でそのシーン毎に活用方法を分けてみるのはいいかもしれないです。

是非一度活用してみてはいかかでしょうか?

新しい飲み会のカタチが出来上がる可能性がありますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました