オンライン飲み会を開催するなら!?~お勧めのツール7選~

Paloop News

オンライン飲み会が流行る最近、手段の幅は広がりを見せています。そんな中でどのアプリを使うのが良いか考えた事がある方は少なくないかと思います。

良く耳にするのは「Zoom飲み会」ではないでしょうか?大体オンライン飲み会を経験された方はZoomを使ったという方が多いかと思います。

Zoom意外にも色々なサービスが最近は出てきています。そんな多岐にわたるサービスの特徴を今回はお伝えさせて頂きます。

たくのむ

たくのむ

コロナによる自粛と伴いリリースされた新しいサービスになります。アカウントの作成は不要となりURLを発行&それを伝えるだけで無料のサービス利用が出来ます。

比較的簡単に開始が出来めんどくさい設定、登録なしで利用が出来るのがお勧めとなります。

また2020円4月時点では12人まで無料でサービス利用が可能ですが、それ以上になると有料となる為、大人数での活用には向いていません。少人数で飲むのには最適な飲み会と言えます。

LINE

LINE

多くの人がLINEを通信ツールとして活用しているかと思います。もちろんテレビ電話をLINEで行う事が出来る為、オンライン飲み会に活用する事もできます。

グループを作成してグループ内で通話を開始すると複数の人たちと会話&飲み会を開催することが可能です。

ただ難点なのがLINEの交換が必要であるという事です。知らない人同士で行う場合はLINEの交換が必要になります。なので不特定多数の大勢というよりは少人数での開催がお勧めです。また通信状況はあまりよくはないので途切れる事も暫しあります。

Zoom

zoom

1人がルームを作成してURL or ID、パスワードを伝えれば誰でも参加できる事が出来ます。比較的簡単に開始が出来るのと動作も軽く、通信も良く、映像も綺麗です。

ただ有料会員でないと40分で切れてしまいます。時間制限があるのがデメリットの部分となります。有料会員も1カ月2000円なのでそれほど高くはないです。

また背景、服装のカラー、コスチュームなどを変えるサービスあります。ちょっと変わった見せ方が出来るのもZoomの面白いところです。

Skype

skype

Skypeは昔からあるサービスに一つでもあり世界的に利用されているサービスです。

LINEのような使い方も出来ますし、無料でテレビ電話が出来るというのが一番のメリットにはなります。LINEよりも通信状況が良く安定して通話が出来るのはSkypeかと言えます。LINEと同じように少人数での利用がお勧めと言えるでしょう。

Googleハングアウト

Googleハングアウト

Googleのアカウントさえ持っていれば直ぐに誰でも参加が出来るサービスです。発行してURLにアクセスするだけなので簡単に連絡も出来ますし、事前連携が簡易的に行えます。

制限が最大10人で8時間となっておりますが、飲み会開催なら問題はないです。またビジネスプランにすれば25名となります。

正直、使い勝手は「Zoom」や「たくのむ」などの方が良いかと思います。

Remo

1つのルームに個室を作ることが出来る新しいサービスになります。ルームは最大で6名となりますが、全体のルームでは800人まで参加が可能と…大規模でのオンライン飲み会やちょっとしたイベントを組み込んだオンライン飲み会にはもってこいです。

アカウント作成から14日間は無料で利用が出来ます。ちょっと無料期間が短いですが、大人数で開催するときは活用してみるのも方法です。

オンライン居酒屋「ゆんたく」

ゆんたく

「相席プラン」があるサービスとなっており、ビデオ電話だけに使うツールではないです。

料金としてはルームを貸し切って使う「貸切プラン」1人500円/90分、気になる「相席プラン」は1人1000円/90分で3~6人の参加が可能です。参加者は自由に連絡先なども交換が出来る形です。

参加にはチケットを購入する必要があります。感覚てきにはオンライン相席です。

まとめ

色々なツールがあるのはご覧いただけましたでしょうか?どのツールが使いやすいかはご自身で一回利用してみるのも方法かと思います。

実際に使ってみると新しい発見があったりもします。ちなみにZoomには女性に嬉しい美肌で映す効果もあります。など隠れた裏ワザも…

またPaloopオンライン飲み会でも出会いに繋がるオンライン飲み会を開催させて頂いております。興味ある方はご登録して頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました