結婚適齢期ってなに?男女の違い…

Paloop News

こんにちは!今回は結婚式の適齢期についてお話ししていきたいと思います。

皆さんは結婚というものに意識をしたことはありますか??周りが結婚していくと自分も結婚という事が頭に浮かびますよね?

「自分ももうそろそろ結婚するのかな」とか「結婚相手の希望」など様々な結婚ということに対しての想いがあると思います。

スポンサーリンク

そもそも結婚の適齢期とは?

結婚の適齢期はいわゆる結婚に適した時期のことです。

女性と男性ではそれぞれ適齢期は違いますよね?

一般的に言われるのは

女性の結婚適齢期

1位:27歳

2位;28歳

3位:25歳

男性の結婚適齢期

1位:30歳

2位:28歳

3位:27位

女性が考える男性の結婚適齢期のトップは30歳で理由としては「男性は30才を超えると仕事でもある程度よくて収入もあんていしてそう」という意見が多いです。

逆に女性は「出産や育児を考えると27歳くらいが丁度いいのではないか」と考える人がおおいです。

~25歳での結婚

メリットとしては出産を考えて体力的にもよかったと思う。若いうちに結婚できた方が子供も作りやすい。夫婦の時間もたくさん取れて子供をそ誰られる体力もあるといい

デメリットとしては自分の時間がなくなった。自分にお金を使う余裕がない。周りが遊んでいる中自分が中々外に出れない。独身の友達と比べると自分に費やす時間が無い

という意見がありました。

結婚適齢期は地域によって違う?

適齢期はどこが一番早いと思いますか?実は田舎は都会に比べると早いうちから結婚する人がおおいです。東京の平均初婚年齢が男性が32歳女性が30歳。

一方で地方の初婚年齢は早いところで男性は30歳女性が28歳になります。

ではなぜここまで大きく変わっていくのでしょうか?それは環境の違いもあります。東京にいる人は出会いも多く遊んでいる人が多く存在します。そうすることによって多くの方が独身を楽しんで結婚をしない方が増えていきます。

また、仕事面でも結婚の適齢期というのは変わってきます。

一番結婚適齢期が遅くなってしまう職業としては教師や警察官自衛隊と言った出会いの場が少なく、多忙な人は遅くなってしまう傾向があります。

また、国によって結婚適齢期も違いがあり、中国や韓国やアメリカなどにおいても、大体30歳をすぎた頃に初婚を迎える人が多いということが発表されています。世界で見るとまた、結婚の適齢期が違うのも面白いですよね。

また、時代によっても結婚適齢期は変わっています。平安時代は男性は17歳くらい女性は14歳くらいが適齢期と言われていました。江戸時代では男性が20代前半で女性が20歳くらいが結婚適齢期になっています。

今では男性が30歳の女性が27歳くらいと言った徐々に晩婚化ぎ進んできてます。

何故晩婚化が進んでいくの?

皆さん仕事や勉強自分のしたい事があるために「結婚」というのに遠のいてしまうことが多いです。自分がしたいことに打ち込みすぎて結婚適齢期を逃してしまう人も少なくないはずです。

婚活はいつからした方が良いの?

自分がいくつまでに結婚をしたいという希望があるのならそれに向けて婚活を始めておく必要があります。大体自分が結婚したいと思ってから3年から5年を遡ってする事をお勧めします。

何故かというと多くの方は結婚を決意するのに1年から3年はかかると言います。

自分の結婚したい時までに美意識を高めたりお金を貯めたり自分の家事のスキルなどを身につけておく必要があります。などで婚活をしながら自分の結婚に向けての準備をする事が大切です。

また、沢山の交流できる場所に集まって婚活パーティーや合コンに参加してみるのも結婚への近道かもしれませんね。是非皆さんが良いパートナーに巡り会うことをお祈りしております。

沢山の人と出会い自分が好きな人と結婚することが1番の幸せです。是非チャレンジしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました