女心を理解する方法は…!?男女関係を上手くいかせる秘訣を伝授!!

Paloop News

女心って理解難しかったりしますよね?女性も男性の考えていることは理解できなかったりします。男性女性とは同じ人間でも異なった生き物です。ただ女性との関係を良くするためにも女心を理解することは大切です。今回はそんな女心について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

女心がわからない…そもそも女心とは

男性なら「女心がわからない」と感じたことが何度かあるのではないでしょうか?中には気づかないうちに女性を怒らせてしまい、自分が特別に鈍感なのではないかと悩んだことがある人もいるかもしれません。しかし、男性と女性は身体の作りだけでなく脳の作りも違うため、それが考え方や行動の違いになって表れます。ですから、男性にとって女心がわかりにくいのは当たり前のこと。ちょっとわかりにくいと感じただけで自信を無くす必要はないのです。

ただし、わからないと感じた後どうするかによって、恋愛が成就するかどうかは違ってきます。なぜなら、わからないなりに女心を理解しようとする男性と、わからなくて当たり前だと思って放っておく男性では、女性に対する接し方が違ってくるからです。ですから、あなたがもし好きな女性を振り向かせたいと思っているのであれば、きちんと女心を学んでから成功率の高いアプローチの仕方をするようにしましょう。

恋愛心理学における女心の意味

男性と女性では、脳の作りの違いにより物事の考え方や感じ方が生じますが、特に大きな差が現れるのが恋愛に対する考え方です。

「女心は複雑」とよく言いますが、恋する女性心理は普段にも増して複雑になります。例えば、男性が「好きだ」と言う場合は本当に「好き」なのですが、女性の場合はそうとは限らないところが厄介です。「好き」にも「大好き」から「どちらかというと好き」まで温度差があり、「嫌い」という言葉が「好き」の裏返しの場合もあるからです。ですから、恋愛において女性は本音を表に出していない可能性が高いということを理解し、男性はまず女性の本音を探るところから始めなければなりません。男性は女性を全く違う感性を持った生き物だと受け止め、自分とは異なる考え方や行動をするものと理解するところから始めた方がよいでしょう。

女心が難しいと感じる瞬間

男性は好きな人に対して、周り人でさえ気づくようなわかりやすい態度を取ることが多いのに対して、女性はその逆。ターゲットの男性でさえもわからないような言動を取ることが少なくありません。ですから、男性の何気ない言動が知らず知らずのうちに女心を傷つけてしまうこともあります。恋愛における女性心理を理解するために、まずは多くの男性が悩まされる「これだから女心は難しい」と感じる瞬間について見て行きましょう。

さっきまで笑っていたのに何で急に黙ったり怒ったりするの?

「女心と秋の空」という言葉があるように、女心は変わりやすい点が男性にとって扱いの難しい点なのではないでしょうか?みんなでワイワイ楽しく話していたのに、突然不機嫌になって黙り込んだり、怒って泣き出したりすることがあります。しかも、なぜ不機嫌になったのか理由を聞いても教えてくれないのに、放っておくと更に機嫌が悪くなる点は理解に苦しむ男性が多いでしょう。

何で古い話をしつこく覚えているの?

男性は自分にとってあまり重要でないことはすぐに忘れてしまう習性があります。それに対して女性は、自分にとって重要なことはもちろん、他愛もないことも細かく覚えています。そのため、古い話を持ち出してきて「あの時はこうだったでしょ?」「「この前はこう言ったよね?」と言うことが少なくありません。そして、その内容を男性が忘れているとかなり不機嫌になる点も面倒だと感じる部分なのではないでしょうか。

相談にどう答えたら満足するの?

女性から「相談があるんですけど」と言われて、親身に相談に乗ってあげていたら、逆に不機嫌になられてしまったという経験はないでしょうか?男性は相談されると、どうやって解決したらいいか、その方法について考え、アドバイスしてあげようとします。しかし、女性が求めているのは解決方法ではなく、「大変だったね」「その気持ちわかるよ」という共感の言葉であるため、一生懸命解決策を考えれば考えるほど、相手の機嫌を損ねることがあるのです。

男心と女心の違いって?

男心と女心の違いは、男女の脳の作りや社会的役割の違いから生まれます。性別の違いが考え方の差となって表れるため言葉や行動が異なり、同じ物事でも受け止め方に違いが生まれるのです。そこで、男心と女心がすれ違ってしまいがちな具体的な例を見てみましょう。

女心は黙っていても気がついてほしい!

男心と女心で最も違うところは、言葉を口にしないときの気持ちです。男性が「会いたい」や「好き」という言葉を口にしないのは、いちいち言葉にしなくても相手は当然そのことに気がつくと思っているから。それに対して、女性は敢えて口にはしないけれど、相手が自分のことを好きであれば態度や表情から読み取って理解してくれるはずだと思って黙っているのです。特に意中の男性には、自分の気持ちを読み取って理解することを求めます。

自分への思いははっきりと言葉にしてほしいのが女心!

女心が厄介なのは、自分が黙っていても表面に出ている部分から女心を理解してほしいと願っておきながら、男性にははっきりと思いを言葉にすることを求める点です。相手の女性を真剣に考えている男性ほど簡単には「好き」や「愛している」という言葉を口にしませんが、女性は言葉にしてもらわないと自分たちの関係を不安に感じるところがあります。そのため、何とか男性に自分への思いをはっきりと言葉にさせ、不安を解消しようとします。そんな自分勝手じゃん??って思うかと思いますが、理解してあげる事が円滑に進め方法の一つになります。

今回一部をご紹介させて頂きましたが、まず女性と男性とでは感覚の違いがある事を理解する必要があります。その上で女性という生き物を理解してあげる事です。なかなか難しい部分はると思いますが、是非チャレンジしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました