国境を超えたオンライン婚活

Paloop News

少し前からに“国際結婚“〈国籍がちがう男女の間で行われる結婚〉という言葉を耳にすることが多かったと思います。

今では当たり前に聞く“国際結婚“では、

どの国の方が一番多いのでしょうか。

男性の日本人と女性の日本人で、国籍が異なりますので別々で載せていきます。

スポンサーリンク

国籍の違う結婚順位

まずは男性から

第1位 中国 国籍

第2位 フィリピン 国籍

第3位 韓国 朝鮮 国籍

という結果でした!

続いて

女性の日本人が多いのは

第1位 韓国 朝鮮 国籍

第2位 米国 国籍

第3位 中国 国籍

となっております。

男女で異なる結果と出ました。

続いて男女の国際結婚の割合を調べてみました。

男性:女性=7:3

という結果になりました。

今2006年では16組に1組でしたが、現在では約30組に1組だといわれております。

その理由としてあげられるのは

2005年に入管法改定案により偽装結婚などにより厳しくなったからです。

現在では3%代になっております。

ですが、

今後国際結婚は増加傾向に向かってます。

その理由は

国策として外国人の受け入れが増えていきます。

また国際結婚への興味がある人が増えいる傾向にあります。

そのことによって国際結婚は今後増えていくといわれております。

是非国際結婚結婚を考えている方のご参考になればと思います。

婚活をするとお金がかかる?

また、婚活をして男性の多くはなぜこんなに男性の方がお金がかかるのだろう。

と思う方は多いと思います。

では何故男性と女性では料金に差があるのかを調べてみました。

まず、理由は

女性が求める条件の中に経済力をもとめているからです。

男性の方が会費が高いことによって女性はハイスペックな男性が来るのかなと思い参加するケースがおおいです。

男性の会費を安くしてしまうと本気で結婚を望んでいる人以外に、

たのしそうだから、行ってみたかったから、

時間が空いたからなんとなく参加してみた

と、本気で結婚を望んでいない人の参加につながる恐れがあります。

また女性の会費を同等の値段にすることによって女性の参加は減ってしまいます。

何故かというと、女性は会費以外にも美容代や洋服代などがかかってしまうからです。

これにより男性は女性よりも会費が高くなってしまうのです。

ですが、男性もいくらまで出せるかと判断してより良い婚活をして下さい。

晩婚化が増える世の中

今では昔より非婚晩婚化や、恋人の居ない20代30代が増えてきています。

なぜこのようなことが増えていっているのでしょうか。

理由として多く出るのが

“友達といたほうが楽しい”

“一人の人に絞りきれない”

“恋人を作っている時間がない”

“恋愛の仕方を忘れてしまった”

という人が増えてきています。

ですが、結婚願望がないわけでもなくそのうち自然に付き合い、結婚するとおもっている人が増えてきています。

ですが、そういうことも次第になくなっていき、婚活をする人がおおくなってきています。

そこで婚活にはいくらくらいかかるのかを調べてみました。

まず最初に婚活をする上で大切な”美容代”

美容室

[カラー、カット、トリートメント]1万

コスメ代 5千円

ネイルやマツエクエステなど行く人は

2.3万

などと様々なものでお金がかかります。

また洋服代などもかかり、月にかかるお金が高額になってしまう方も多いです。

また結婚相談所によって異なりますが、平均相談して入会する為に約3万~10万円ほどかかります。

また登録料として平均約1万~3万円かか

ります。

月会費もかかりこちらこ平均としては焼く5千円~2万円ほどです。

お見合い料もして、平均約5千円

成約料として平均約10万円ほどかかるといまれております。

1年間で約30万から60万ほどかかると言われております。

色々な結婚相談所がありますが、よりご自分のあう相談所を是非見つけて下さい。

人の話し方や癖でわかる事

人は癖や話し方がそれぞれ異なってきます。

例えば

大きな声で話す人は自己承認欲求が高い人が多く、

小さい声で話すし人は自分に自信がない人が多いです。

身振り手振りが大きい人は社交性が強い人が多いです。

また全体の会話の中で自分の話ばかりする人は自己中心的なひとが多く、

ゆっくりと話す人は優柔不断なひとが多いと言われています。

こう言った会話の中から初めての相手でもどのような人かというのが分かったりします。

相手が自信がない人なのか、社交性が強い人なのか、自己中心的な人なのか、優柔不断な人なのかということを知るきっかけにもなります。

中々メッセージだけでは分からない事でも、あって話をしたり、電話やテレビ電話なので声を聞いて話をすることによってその人の事をより深く知ることができます。

一緒にいて楽しそうだな、あって話をしてみたいとお互いが思う事が大切だと思います。

是非積極的に人と話して

自分の話し方、喋り方のテクニックを磨いて是非より良い関係を作れればと思います。

また、年々出会いの場は減ってきているかを調べていきたいと思います。

徐々に出会いが減っていく人も多いと思います。

理由としては、

・仕事が忙しくて時間がない

・お金がない

・出会いの場に行くのがめんどくさい

•今の状態で満足だ

という方が増えているのが現状だと思います。

まず

仕事をしていて忙しい

いうかたですが、

勿論仕事をしている方が多いと思います。

もちろん仕事の時間は人によって違うので、友人と時間が合わない、距離が遠い、残業が入ってしまった。

という事会えなかったりします。

次に

お金がないという理由

ですが、特に若者が多く、

お金がないというのはお金がないから飲みに行くお金もない。

お金がないから友達との誘いを断ってしまったという方も多いのではないでしょうか。

そうなってしまうと

お金がないからはたらかないとまた忙しくなってしまい出会いのチャンスを逃してしまいます。

次に

出会いの場所に行くのがめんどくさい

というひとですが、皆さん移動距離を考えたりそれまでの準備時間また帰る時間やあしたのことなどをかんがえるといくのがおっくうになる。

と、いう方が増えてきています。

今の状態で満足だというような人

今の状態が満足行くのは全体がそれでいいと思っているからです。今の状態で満足なのは勿論高みの追求として色々な人と出会ってより自分の経験値を上げることによって今の満足よりもより充実していく可能性もあります。

今はアプリやネットなどで出会いがたくさんあります。

お金をかからずに出会えることができます。

忙しい方や時間が合わない方でも少し空いた時間や自分と時間の合う人と会える事もできます。

今各自のお家で飲みながらお互いテレビ電話で飲み会をするというのが流行り始めてきます。

是非皆さんも試してみてください。

奇跡の出会い

皆さんはどういったつながりの方が友達、親友、恋人にいますか?

同じ学校の方、職場の方、趣味の方、ご近所の方色々いると思います。

自分が人生でどれだけの人と関わっていると思いますか?

例えば人生が80年生きるとして

なんらかの接点を持つ人 30000人

同じ学校や職場の人 3000人

親しく会話をする人 300人

友人と呼べる人30人

親友と呼べる人3人

と言われております。

皆さんは

多いと思いましたか?

少ないと思いましたか?

そこで出会いの確率としての計算をしてみます。

世界の人口が約77億人「2019年6月時点」

なんらかの接点を持つ人と出会う確率

約1/260000 26万分1

同じ学校や職場の人と出会う確率

約1/2600000 260万分1

親しく会話する人と出会う確率

約1/26000000 2千6百分の1

友人と呼べる人と出会う確率

約1/260000000 2億6千分の1

親友と呼べる人と出会う確率

約1/2600000000 26億分の1

※統計はあくまでも平均的なものなので職業や環境などによって差はあります。

私はこの計算をしてみて出会う確率ってこんなに奇跡に近いことなんだなと衝撃を受けました。

これをみて今皆さんの、隣にいる人や仲のいい友達同僚や先輩後輩も出会えたことは本当に奇跡に近い事なのです。

そのいま隣にいる人を大切に

これから出会う人などを大切に是非過ごしてください。

当たり前のように出会ってるかもしれませんが実は大切な奇跡のつながりで出来てます。

この奇跡の連りを大切にして行動してください。

一期一会を大切に皆さんが悔いの残らない人生を楽しんで歩んで下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました